FC2ブログ

AKBアイドル専門の芸能ニュース速報

AKBや萌え系の女の子、美少女やロリ顔の女の子には目がありません。そんな美少女達の芸能活動やニュースなどをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽クリエイター集団の“チーム力”が生み出すケミストリー




 ここ数年、チームに所属し、チームを通して活動の幅を広げるクリエイターが目立っている。その背景には、大ヒットが生まれにくい時代に、チームのブランド力を上げることで活動を広げたり、クリエイター同士で知恵を出し合ってより良い作品づくりに専念できるという様々なメリットがあるようだ。その動きから、今のミュージックシーンの背景がうかがえると同時に、単なる集団の集まりに留まらない可能性も秘めているようだ。
徹底したブランド認知で浸透したElements Gardenらしさ(12年2月20日)
 1 月特別増刊号「2011年年間ヒットランキング」に掲載した『作詞家、作曲家、編曲家 一覧』に記載されているクリエイターの所属先を調べていて気付いたことがある。それは、複数のクリエイターが所属する「クリエイターチーム」が、00 年代に入って以降、増加しているということだ。もともと、作家(クリエイター)を専門とするプロダクションはあったが、現在の「クリエイターチーム」は、今の音楽マーケット事情を背景に、受注の体制や制作において、「密なコラボレーション」を行っているのが特徴と言える。

 そこで今回、アニメやゲーム音楽を多く手掛けてきた「Elements Garden」、幅広いジャンルでリーチの広さが特徴の「SUPA LOVE」に、チーム立ち上げの経緯や、敢えてチーム体制をとっている理由について聞いたところ、いくつかの共通点が見出せた。

■大ヒットが生まれにくい時代のクリエイターチームの在り方

 AKB48 をはじめ、ごく一部のアーティストやジャンルを除き、現在は1作品が大きく売れる時代ではない。コンペ形式による楽曲の発注が一般的になっている今、作家にとって、いかに作品の受注を増やすかが、大きな課題となってくる。Elements Garden の上松範康氏は、そのための施策の一つとして、「ブランドの確立」を挙げる。04 年のクリエイターチーム立ち上げ時から、手がけた作品の自身のクレジットには必ず「Elements Garden」というチーム名を付記してきた。これはクリエイターチームとしてブランディングすることによる活動の広がりを期待したからだ。

 様々な才能が所属することによって、クライアントの多様な要望に対応できるだけでなく、所属クリエイターにとっても、互いに刺激を与え合うことができ、創作の幅が広がるというメリットもある。そうやって、クオリティが上がっていけば、それが受注数を増やし、ブランディングに繋がっていく。

 制作面でのメリットだけではない。所属するクリエイターにとってみれば、チームを組むことで、創作活動に専念できる環境が確保できる。「作家としてのエネルギーを一人でずっと維持していけるかと考えたとき、いつか限界がくる。チームでやっていれば誰かがスランプの時もフォローし合える」(上松氏)というように、クリエイター同士で「共存」し合えるメリットを強調する。

 そういったクリエイターチームに対し、発注側としては、セットで発注できる安心感や、リリーススケジュールのたてやすさ、イメージする楽曲に出合える、といったメリットがあり、そういう意味では、双方のニーズを満たし、補完し合っているとも言える。

 音楽ソフトの進歩により、誰もが自由に音楽を作れる環境にある今は、クリエイターにとって激戦の時代と言えるだろう。そういった中で、プロのクリエイターチームのアドバンテージは、アレンジに表れると語るのは、SUPA LOVE の松原憲氏。「生楽器を演奏できる人とそうでない人ではアレンジも違う。やはりコンピュータだけでは限界がある。生楽器が演奏でき、譜面が書ける。その部分は大事にしたい」。

 また、チームを組むことによって全ての工程を完結できるという強みもある。その点を活かすことで、今後はメーカーからの受注だけでなく、他の企業にもアプローチしていきたいという。

「クリエイターチーム」のあり様は、今のミュージックシーンを反映していると同時に、単なる「クリエイター集団」に留まらない可能性をも呈示していると言えそうだ。



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120221-00000300-oriconbiz-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  1. 2012/02/21(火) 11:38:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AKB48「ワンダ」新CMで全メンバー90名が大集合 | ホーム | AKB、シングル6連続ミリオン!33年ぶりピンク・レディー抜いた!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://onsentaro97.blog105.fc2.com/tb.php/92-d3288cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

AKBマニア

Author:AKBマニア
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉 (2)
アダルト (1)
エロいつぶやき (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。