FC2ブログ

AKBアイドル専門の芸能ニュース速報

AKBや萌え系の女の子、美少女やロリ顔の女の子には目がありません。そんな美少女達の芸能活動やニュースなどをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小野恵令奈がデビュー曲PVでボクサー初体験、「全部私の顔!顔!顔!」なジャケット5種も初公開




【 アメーバクエスト/アメクエ 】 クエストパックの単体売り




元AKB48のメンバー小野恵令奈が6月13日にリリースするソロデビューシングル「えれぴょん」のプロモーションビデオとジャケット写真が公開された。

【その他の写真】小野恵令奈「全部私の顔!顔!顔!」5パターンのCDジャケットを公開

プロモーションビデオの設定は、本人のイメージとは真逆のボクシング。自分を鍛え、がむしゃらに頑張るボクサー役を演じた小野恵令奈は、「撮影は朝の8時からスタートしまて夜中を超えと言う、初めてな体験でございました!」とコメント。

また、「ぶん殴られてる小野恵令奈を見るのはかなり貴重なのではないかと個人的には思いまするるる初めてな環境で初めてのスタッフさんと新しい夢に向かってスタートする第一歩の大事な大事な作品になりました!沢山の方に見ていただて、沢山の方に愛して頂けるPVになったのではないでしょうか??ぜひ見てください☆」とアピールした。

もちろん、アイドルとしての魅力も発揮しており、サビの振付には、ファンにとってはお馴染みのえれぴょんポーズが登場、“ぴょん”だけにウサギを意識した出っ歯ポーズもかわいく表現。
PV監督を務めた守屋健太郎氏は、「このPVには二つの彼女が存在している。一人はデビューという試合に臨む真剣な小野恵令奈の姿、もう一人はまるでボーカロイドのように唄い踊る「えれぴょん」という姿。どちらが本当の彼女なのか、撮影した今でも僕にはわかっていない。でも本質なんて男には到底理解できない感じが彼女の最大の魅力だと思うし、クルクルと変わる表情に翻弄されながら、変なオチで煙に巻かれたようなPVに仕上がっていたら、それこそが彼女そのものを表せたのだと思う」と魅力を語った。

また、本作のCDジャケットも初公開され、5パターン全てに自身の顔写真が大きく起用されたことについて、「全部私の顔!顔!顔!(笑)中々無い事なので恥ずかしかったです…。笑」と話した恵令奈だが、中でもお気に入りは緑のパーカーを着た初回盤Aのデザインとのこと。本人曰く素の笑顔が写っているという5パターンのCDについて、「恥ずかしいけど、全部コンプリートしてほしいな!な!な!」と語っている。


【リリース情報】
2012年6月13日発売
タイトル:「えれぴょん」

●初回限定盤A/えれぴょん顔アップ盤:CD+DVD(PV1曲+オフショット映像) ¥1,500-(税込)WPZL‐30384/5

●初回限定盤B/えれぴょん水着盤:CD+DVD(写真集メイキング映像)+写真集(orブックレット)¥1,800-(税込) WPZL-30386/7

●初回限定盤C/えれぴょんから、女子推薦盤:CD(カップリング別曲)+DVD(カップリング楽曲PV+オフショット映像)¥1,500-(税込)WPZL-30388/89

●ローソン限定盤(コメントDVD付予定) ¥1,400-(税込)

●通常盤/とにかくかわいい、えれぴょん盤 ¥1,000-(税込)WPCL-11097


C/W「センチメンタルガール」
※初回限定盤CのみC/W「タイトル未定」

※初回盤購入者特典
応募特典ver1:えれぴょんとの、≪スペシャルぴょんぴょん交換会≫参加ご招待(人数未定)!
応募特典ver2:激カワイイ、“等身大パネル”を10名様!!
応募特典ver3:缶バッチ200名様(仮)
☆また、初回プレス盤には、トレカ5種がランダム封入☆


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120503-00000002-lisn-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  1. 2012/05/03(木) 13:33:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

シルエットのみの新人GILLE、今度は斉藤和義を英語カバー




ユニバーサルミュージックからデビューを控えている新人アーティストGILLEが、公式Facebookページにて新たなカバー曲のティザー映像を公開した。

【大きな画像をもっと見る】

GILLEはこれまでにAKB48「ヘビーローテーション」やヒルクライム「春夏秋冬」を英語詞でカバーし、YouTube上で発表。その顔や容姿はシルエットのみ公開されており謎に包まれている。今回彼女がカバーしたのは、斉藤和義のヒット曲「やさしくなりたい」。原曲の持つロックフレーバーを残しつつ、GILLEならではのアプローチも加えて英語詞で歌い上げている。なお、この音源のリリースについては現状未定。

また、本日4月18日からは、GILLEのデジタルシングル第1弾「春夏秋冬(English Ver.)」の着うたフル配信がスタートしている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000055-natalien-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  1. 2012/04/18(水) 22:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

初のオリコン1位獲得 ももクロはAKB超えるのか




 アイドルグループ、ももいろクローバーZが初のオリコン1位を獲得した。依然、アイドルといえばAKBという感じの昨今だが、「ももクロ」はそんな状況を変えるのか。

 2012年4月23日付けのオリコン週間ランキングで、ももクロのブルーレイ作品「『ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会』LIVE BD」が1.4万枚売上げ、ブルーレイ部門1位になった。

■路上ライブからスタートして徐々に人気獲得

 これまでのオリコン最高位はシングル「行くぜっ!怪盗少女」(2010年5月)などでマークした3位で、グループにとって今回が初の1位となる。

 ももクロは数度のメンバーチェンジを経て、現在はリーダーの百田夏菜子さん(17)や有安杏果さん(17)らの5人で編成。芸能事務所大手スターダストに所属しており、「今最も勢いがある」と言われるアイドルグループだ。

 2008年に結成された当初は路上ライブを繰り返す地下アイドルという感じだったが、従来のアイドルにないダイナミックな振り付けと、新進気鋭の作曲家、前山田健一氏らによるマニアックな仕掛け満載の楽曲が注目を集め、2010年頃から次第に人気が出た。2011年4月に「グループ随一の美少女」などと言われていた早見あかりさん(17)が脱退したのを機に、「ももいろクローバー」から現在の「ももいろクローバーZ」に改名した。

 その後、11月に発売されたシングル「労働賛歌」の楽曲や衣装が奇抜な作風だったため、若干迷走しているかのように見えたが、12月には今回のブルーレイに収録された、さいたまスーパーアリーナでのコンサートを成功させている。

■アイドルに興味なかった「サブカル層」取り込む

 ももクロがAKBを始めとした他のアイドルと違うのが、これまでアイドルに興味のなかった層を上手くファンに取り込んだ点だ。

 個性的な楽曲もそうだが、ステージでの「いいかー!お前らー!私たちがももいろクローバーZだー!」といった煽りに代表される「プロレス的」な演出がサブカル層の支持を獲得。「ももクロはアイドルではなく『ももクロ』というジャンル」と主張するファンも多い。

 また、タレントなどの「業界人」の中にもファンを公言する人が少なくなく、お笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太さんも最近はメディアで、ももクロの話ばかりしている。

 ただ、実際に更なるブレイクを果たすかというとまだまだ未知数だ。2011年ごろからたびたび人気バラエティ番組に出演しているが、毎回の様にメンバーが「変顔」を披露するなど、やや奇策に走りがちだ。楽曲も変拍子や転調が盛り込まれてやたら凝ってはいるものの、かなりコアな音作りのため、今のやり方で今後広い層に受けるかというとまだ疑問が残る。

 とはいえAKBや韓流、ジャニーズばかりが売れる今の状況でのオリコン1位は快挙だ。百田さんのブログにはファンから「おめでとう!!! これからも頑張ってね」「ももくろちゃん大きくなったねぇ」といったメッセージが寄せられている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000002-jct-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  1. 2012/04/18(水) 19:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ピクサーの日本版ポスターが大絶賛! ハリウッドに認められ“世界進出”へ




 AKB48・大島優子がディズニー/ピクサー初の女性主人公の吹替えに挑戦することで話題となったアニメ映画『メリダとおそろしの森』(7月21日公開)の日本版ポスターが先ごろ完成した。同ポスターはもともと日本用に作られたオリジナルだが、そのビジュアルが各国のウォルト・ディズニーから大絶賛を受け、ポスター使用の“逆輸入現象”が起きている。

【予告編】“鬼火”に導かれ、森の魔女に出会うメリダの運命は…

 海外のポスターでは、王女・メリダのみで構成されているが、日本版ではメリダのほか、母・エレノア王妃、父・ファーガス王、さらにメリダに魔法をかける謎の人物“森の魔女”も登場。このビジュアルが各国のウォルト・ディズニー・スタジオから評価され、世界的にも日本版のポスターが起用される予定だ。

 ハリウッド作品ながら日本人のセンスがピクサースタジオに認められるのはかなりのレアケース。配給元の担当者は「作品の世界観である神秘的な雰囲気を表現したうえで、森の魔法に立ち向かう王女メリダの物語に加え、魅力的なキャラクター達によって織りなされる壮大なタペストリーであることを伝えるためにこのようなポスターアートを提案しました」とコンセプトを明かし、「日本から提案したビジュアルが世界的に好評を得たことはとても光栄です」と胸を張る。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000310-oric-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  1. 2012/04/18(水) 16:02:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

AKB48秋元才加にいったい何が?「感情や涙が止めどなく溢れて、初めて本当の自分の気持ちに気づくことが出来ました」




 AKB48秋元才加が17日夜にブログを更新し、自身の心境の変化を明かした。具体的な出来事には触れなかったものの、「自分の気持ちに気づく前に感情や涙が止めどなく溢れて、初めて本当の自分の気持ちに気づくことが出来ました」とただごとならぬ雰囲気だ。

秋元才加出演!映画『ウルトラマンサーガ』フォトギャラリー

 「最近の出来事」と題された記事で、秋元は「頭では理解してたけど体は正直だった。自分のこと分かってるつもりだったけど素直な気持ちを隠してたのかなぁ。こんなに強い気持ちでやりたいことがあったんだって」と自身の変化について率直につづっている。

 また、AKB48チームKキャプテンとして求められることの多いためか、「時間をかけての作品作りに参加ができない事が多い」と現状への不満めいたことも明かすと、その直後には「いつか。必ず。アイドルが立てなかった舞台やステージにたちたい」とAKB48にとらわれない活動を目標に掲げた。

 先日に前田敦子が卒業を発表して以来、AKB48、とりわけ主要メンバー周辺では「卒業」に関連した言動が多く見受けられるようになった。秋元自身、前田の卒業発表に際しては「私もいつかそんな日が来る。だけど、卒業して更に羽ばたける卒業をしたい」とコメントしている。

 東京マラソン参加、「笑っていいとも」レギュラー出演などを経験した秋元は、3月に公開された映画『ウルトラマンサーガ』で熱演を見せ、来月には『ローマの休日』舞台版が控えている。徐々にステップアップしている秋元がAKB48を卒業する日は、案外早く来るのかもしれない。(編集部・福田麗)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000014-flix-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  1. 2012/04/18(水) 13:01:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

AKBマニア

Author:AKBマニア
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉 (2)
アダルト (1)
エロいつぶやき (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。